音楽教室「ヤマハ」のグループと個人どっちがいいの?

ヤマハ音楽教室「おんがくなかよし」が修了して。幼児科クラスがスタートしました。

女の子4名、男の子2名のクラス。

『子どもを温かく見守る』ゆとりが必要なのに、今の自分にはそれが難しく感じてしまいました。同伴していると娘の教室内でのマイペースぶりにハラハラしてばかり。

しょっぱなから『お名前+こんにちは』にこたえてくれないし、椅子から降りたり歌も歌ってくれない。と、少し焦ってしまいました。すでに私が『個人レッスンにもどりたい。』と逃げ腰になりつつあります。

自分のことはさておき。娘の習い事なので、娘にとって『グループ』と『個人』どちらが良いのか考えてみることにしました。

個人レッスンの時には娘の好きなものだけやっていたので、見えてこなかったものがグループレッスンに入ることにより見えてきました。集中できる部分、できない部分を見ていると得意、不得意が顕著なのに気づきました。

お子さんにあった環境選びをすることが大切です。

幼児科 グループか個人か

コスパではグループレッスンが圧勝

幼児科の同じ内容をやるには、時間と金額的に圧倒的にグループのがお得。

個人レッスン:月3回(30分)月額7,500円
グループレッスン:月4回(60分)月額6,500円

※お教室によって違ったり、上記に施設費や教材費が加わります。

向いているのは個人レッスン・・・?

2か月個人レッスンにしたのもあって、『個人』の方が自分も娘ものびのびとできて。あきらかに向いている気がする。と逃げ腰な時点では、『個人にしたい』と思っていたけれど。冷静に考えたら個人レッスンの時は自由すぎて。音楽を楽しんではいたけれど、指示が通っていたかというとそれほどでもないことに気が付きました。

娘の様子を比較

【グループレッスン時】
〇 エレクトーンを弾くのが得意
〇 ピアノの音は理解できている
✖ 集団が苦手
✖ 指示をされるのが苦手

【個人レッスン時】
〇 エレクトーンを弾くのが得意
〇 ドレミ唱が歌える
△ 自由すぎて好き勝手に動きまわる
△ 先生の指示が通りにくい
✖ 合唱やほかの子の刺激が受けられない

 『音楽を楽しむ』ができていないことへのもどかしさ

私が『ヤマハ 音楽レッスン』に期待していること

  • 音楽を楽しんでほしい
  • 耳を育てたい

ニコニコ元気よくお返事をして、笑顔で歌を歌う。ということを望みすぎてしまって、プレッシャーをかけているのかもしれない。娘ができなかったら代わりに私が笑顔でお返事して歌いかけてあげられるようになろう。

カリキュラムはとてもいいのに、母が同伴していることにより娘も自分も不安定になって楽しめない。これではもったいないから。「グループ」「個人」はいったん保留にしておいて、次回からの参加するときの期待値を下げておこうかな。

まずは、私が安定して参加することを目標にしてみます。

お教室へはエレクトーンの発表をしに行って、音楽は家で楽しむ。

しばらくはこれでいきます。

お教室前に練習をする

  1. 名前「お返事」と「こんにちは」
  2. メリーさんの羊、キラキラ星のドレミ唱

まだ自分の中では「グループ」と「個人」決めかねているけれど、グループに軍配が上がるようにサポートしていきたいと思います。