東京足立区「ギャラクシティ」なら満天の星空とアスレチックで遊べる

子供にはいろいろな体験をさせたいなと思いつつもなかなか都会では、満天の星空を見る機会ってないですよね。

夏休みや冬休みの長期休暇だけでなく、代休などのちょっとした隙間時間で行ける場所にプラネタリウムがあるのを知って何度かお出かけしているのでご紹介します。

足立区にある「ギャラクシティ」です。

屋内だから雨の心配もないのが嬉しいです。

子育て支援センターも併設しているので、赤ちゃん連れから大人まで楽しめる施設になっています。

プラネタリウムを見ないでお弁当を持っていけば無料で遊べる!

まるちたいけんドーム(プラネタリウム)

170名収容する施設で座席とドーム中央で寝転がって見られる「桟敷席」があります。

3回くらい見たけれどまだ寝っ転がって見たことはないので今度行ったときには体験してみたいです。

シアターの内容は時間帯で、アニメだったり絵本の子供の向けのお話。天体説明などバリエーションがたくさんあるので、何度行っても飽きません。

【幼児向け投影】

子供参加型の回に参加しました。

満天の星空の中で問いかけがあるので、子供たちがそれに答える形になっている回でした。

今の自分たちのいる場所から宇宙へをのぼっていき星空の中に入っていくので、3歳でも自然に理解できるようになっていました。

ゆったりとした空間で星空をながめることができるので、親子で天体について話すきっかけにもなります。

観覧料

区分 大人 小中高生
個人 500円 100円
団体(1人につき) 400円 80円
1日券 800円 160円
年間パスポート 1,500円 300円

お昼

館内:カフェ

ギャラクカフェ

館内:お弁当エリア

地下2Fのホットスペース/2Fぷらっとプラネット/3Fホットスペース

館内:支援センター

2Fの支援センターでは未就学児であれば、お昼の時間はお弁当タイムになっています。お弁当屋買ったものを持ち込んで食べることができます。

屋外

周辺にはパン屋さんやコンビニもあるので、お店に入ったり近くのベンチで軽く食べることもできます。

イベント

娘が3歳の5月頃に行ったので紙コップで「こいのぼり」を作るワークショップがやっていました。15分くらい並んで、紙コップに色を塗ってこいのぼりを作りました。

こいのぼり

スペースあすれちっく

直径17mの3階建てのネットのアスレチックがあります。

時間によって親子の回、小学生の回などがわかれているので幼児でも安心して遊ぶことができます。

透明になっているので子供がどこへ行ったのか目で追いかけることができるのもよかったです。

 

3歳女児のお気に入り「クライミング」

娘は支援センター内のちびっこ「クライミング」がお気に入りです。落ちても痛くない!

毎回行くたびに上に行けるようになって自分でも成長を感じられるのが楽しいようです。

クライミング

お店の情報

  • ギャラクシティ-こども未来創造館
  • 東京都足立区栗原1-3-1 東武スカイツリーライン西新井駅 東口より徒歩3分
  • 毎月第2月曜日(祝日の際はその翌日、8月を除く)、元日 ※1・3・9月に連続休館日あり
  • 営業時間(9:00-21:30/ こども体験エリア18:00)
  • 公式URL「ギャラクシティ