習いごとを「英語」「音楽」「通信教育」に決めたワケ

子供の習い事って迷いますよね。

私の4歳の娘には「英語教室」「音楽教室」「通信教育(しまじろう思考力特化コース)・ポピー」を選択しました。

理由は娘が「好きなこと」かつ「生活に組みこめる」ことだからです。0歳からいろいろな体験講座や短期教室などに参加して考えた結果、母親も一緒に楽しめない、生活に支障をきたすものは無理が生じると感じました。我が家にとってはそれが「水泳(スイミング)」でした。

特に「音楽」「英語」は習いっぱなしでは意味がないので、家庭でしっかりとしたサポートを行っていく必要があるので。その時間をきちんととれるかどうかで取捨選択する必要があると思います。

はじめるのはいつから?

早ければ早いほどいい。ただし、必ずしも教室に通ったり高いお金をかける必要はない。習う内容よりもどれだけ信頼できる大人に子供の成長を一緒に見守ってもらえるかが大事。

私の持論では教室に通う通わないはともかく、なるべく早く子供に色々な経験をさせて『好きなこと』『得意なこと』を見つけてあげるのがいいと考えています。

理由としては「うまれたときからの特性は変わらないこと」「早期からはじめることにより、学習時間を長くとれること」などがあります。そのため、0歳から「ベビーマッサージ」「ベビースイミング」「支援センターのサークル活動」などに関わりできるだけ娘が興味をしめることを探しながら触れ合いを行うことを大事にしました。

義務教育が始まれば嫌でも苦手なことや嫌いなこととと向き合う経験が必要となってくるので、習い事に関しては子供が自分から伸びていける方向に合わせていくのがいいと考えました。

私にとっての子供の『習い事』はあくまでも”オプション”であってメインは家庭と園や学校だからです。そのオプションの中で教えてもらえる内容はもちろん『良い先生に巡り合った』ということが今の自分にとっては1番の継続理由です。

様々な年齢を見てきた『子どものプロ』が小規模で自分の子供のことを継続して一緒に成長を確認してもらうことによって、母親だけの偏った目線にならずに公平な目線で我が子を見つめることができているのはとても貴重だと思っています。

そういう意味では、『何を習うか』もだけれど『どれだけ先生と密にやり取りができるのか』先生からのフィードバックの大きさにも注目していくと習ったこと以上のものを受け取っていくことが可能だと考えます。

今の習いごとの教室を選んだ理由

英語教室

  • しまじろうEnglish 1歳~2歳
  • 英会話教室(ネイティブ)2歳~3歳
  • ディズニー英語システム(DWE) 教材だけ
  • ラボパーティ2歳半~4歳現在 継続中
  • ABCマウス オンライン教材

色々体験した結果「良作の絵本を英語と日本語で学ぶ」のが娘にあっていたのと、園の課外授業で習えるので無理がないので『ラボパーティ』に落ち着きました。

英語教室の選び方と効果はまた別の記事にしますが。

10歳までに耳は退化するのでCDでもなんでもいいので、『聴く』環境はあった方がよいと思います。

幼児の英語に関しては、『親の努力』がとても重要だと感じています。日本語環境で育つ子にとっては、教材の良しあしよりもどれだけ日常的に英語を登場させられるか。だと思っています。

音楽教室

  • ヤマハ音楽教室

うちの場合には音楽に関しては「ヤマハ」一択でした。私の希望とヤマハの理念が一致したからです。娘は幼児番組を見て歌ったり踊ったりすることが好きで『音楽が好き』を伸ばしてあげられるところを探していたため特定の楽器を演奏することに関しては重視していませんでした。『歌う』『表現する』『本物を聴く』が娘に合っていると考えて「おんがくなかよしコース」を選択しました。そのまま進級して今は「幼児科」にあがりました。

「すべての人がもっている音楽性を育み、自ら音楽をつくり、演奏し、楽しむことの出来る能力を育て、その音楽の歓びを広くわかちあう」これがヤマハ音楽教室の理念です。

 

家庭学習

通信教育

  • こどもチャレンジ 「思考力特化コース」
  • ポピー「赤どり」

私は学校の授業の補填は自宅学習でしていきたいと考えているので、「こどもちゃれんじ」だけはやると決めていました。これにたまたま娘が「しまじろう信者」になって1歳からしまちゃん大好きっ子に育ったのでうまくいった例です。

ただ、幼稚園に入るとおもちゃの多さとDVDをあまり見ないという壁にぶつかって継続を悩む時期が来ました。そんな時に「思考力特化コース」(おもちゃとDVD・絵本なし)がはじまって。娘が自分から「特化コースいく!」というので、選択してみました。

ポピーは「季節」「物語」の補完でつけているだけで、ワークに関してはこどもちゃれんじがあれば充分かなと思っています。

読書

  • 読み聞かせ
  • 図鑑

我が家では「YouTube」や「テレビ」の出番はあまりなくて「本」にすることにしています。電子機器はゲームにしたいと考えていて。受動的なものより能動的なものにしたいという意図からで、娘も特にそれで不満がないので困るまではこのままいこうかなと思っています。

まとめ:

・子供が無理なく通えて自然に上達していけるから

・親が信頼できる先生と一緒に子供の成長を見守れるから

そんなにお勉強!っていうつもりはなかったのに、娘が机に向かうことが好きだから。そのままそれが増えていっている感じです。でも、砂場で遊んだり動物と触れ合ったり、自転車に乗るのも大好きな娘です。

水泳もやったらどんどん泳げそうな気もするけど、送迎が大変なので先延ばしにしています。。