へんしんバイクで4歳で補助なし自転車に乗れたよ

娘には3歳の時に「へんしんバイク」を購入しました。

「ストライダー」にしなかったのは、ペダルが必要となった時に買い替える必要があるからです。

「へんしんバイク」はペダルの取り外しが可能なので、3歳から6歳まで乗れます。まだひとりで自転車でひとりで出かけることがない幼児には充分です。

4歳の娘が補助輪なしで自転車に乗れるようになるまでの経過は。

【ペダルなし】

3歳になったばかりの頃は体のわりに車体がしっかりしているため「ハンドルがきれない」「身体が持っていかれてしまう」などがありうまく乗れていませんでした。その時には「ストライダー」にしておいたほうが良かったかなと思っていましたが、4歳になった今では「へんしんバイク」で良かったなと思っています。

子供の体は1年で大きくなり体力もつくからです。

3歳半になって足で蹴ってのることができるようになりました。

4歳になった時点でペダルをつけました。そしたら1日30分ほどで少しこげるようになり、1週間後には乗りまわせるようになりました。

用意するもの

  • 子供用ヘルメット
  • へんしんバイク
  • 広い公園や自転車に乗ってよい歩道や私道

へんしんバイクのペダルをつける

自転車屋さんにもっていってペダルをつけてもらう

我が家では説明書通り自転車屋さんでつけました。

前を見ながら足で蹴る

ペダルを漕がないでハンドルをきる練習。ハンドルをどっちにきると曲がるのかを感覚的につかむ

ペダルをのせる

足で蹴ってそのスピードにあわせて、ペダルに足を乗せる

危ないと思ったら足をつく

倒れる恐怖心があるとペダルを漕げないので、とにかく危なくなったら足をつく

広くて安全な場所でひとりで乗らせる

自転車は「習うより慣れろ」なので、安全な目が届く場所でひたすらペダルを漕ぐと前に進む感覚をつかむまで練習します

1時間ほどで乗れるようになり、1週間後にはすいすい乗りまわすようになりました。

自転車は4歳からペダルつきで間に合う

下の子がいるおうちでは、運動にもなるし下の子も使えるからストライダーがあってもいいでしょうが乗れる期間が短いのでひとりっこ家庭にはストライダーを経由せずに3~4歳頃にペダルつきの自転車を買うことをおすすめします。